電子書籍『ミステリと言う勿れ』10巻のあらすじと感想【ネタバレあり】

私の本棚

本ページはプロモーションが含まれている場合があります。

ミステリーな要素がふんだんにあり、謎解きの楽しみもしっかりとありつつ、それだけでない魅力がある『ミステリと言う勿れ』

今回は、10巻のご紹介になります!


スポンサーリンク

CONTENTS(コンテンツ)

10巻のコンテンツは…

  • Episode14‐3…渉猟の果て
  • Episode14‐4…円になる
  • Episode14‐5…輪舞
  • Episode14‐6…水際の耽溺

になります。

・Episode14 青砥巡査部長・冤罪事件

ミステリと言う勿れ10巻のあらすじ

“してんちょう” と名乗る犯人から出された指示は、娘の命が大事なら正午までに、

井口竜樹という子供を誘拐すること

刑事である青砥には到底、無理難題な指示。

そんな中、同行する整は、今回の青砥の娘・友香の誘拐は、8年前の連続幼女誘拐殺人事件である

『鍵山事件』絡みで起こっていると確信する!

ミステリと言う勿れ10巻の登場人物

鍵山事件で犯人とされた 小諸武史

鍵山事件の公判で証言台に立った 塩川勇・芳子 夫妻

鍵山事件を記事にした週刊リアルの記者 久我山実知

誘拐のターゲットになった井口竜樹の父親 井口虎雄

友香と竜樹が通うスイミングスクールの先生 蘇我実

ミステリと言う勿れ10巻のみどころ

ストーリーはもちろん、これまで時折登場していた、青砥さんが今回はメインで活躍!

整とはまた違う熟練の刑事のシブさが格好良く描かれていて、一気に好きになった(´∀`*)ウフフ

ミステリと言う勿れ10巻 39ページ

娘の無事を祈り、不安な気持ちを押し殺しつつ、精神状態を冷静に保ち、捜査をしていく!

犯人から次々と指示が着て、普通ならパニックで崩壊しそうなもの。

そうならず、可能性をひとつづつ潰してゆき、真相に辿り着いていく青砥さんがみどころです!

キーワード

  • タイガーズアイのペンダント
  • 天秤座

ミステリと言う勿れ10巻のまとめ

10巻はまるまる Episode14 青砥巡査部長・冤罪事件 の完結編となっており、読み応え充分。

結末で青砥さんが見せる、素の姿は絶対に涙腺崩壊!

感動すること間違いなく、是非読んで欲しいです‼

ドラマでどう表現されるのか、そちらも楽しみですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました