電子書籍『ミステリと言う勿れ』6巻のあらすじと感想【ネタバレあり】

私の本棚

本ページはプロモーションが含まれている場合があります。

ミステリーな要素がふんだんにあり、謎解きの楽しみもしっかりとありつつ、それだけでない魅力がある『ミステリと言う勿れ』。 

今回は、6巻のご紹介になります!

スポンサーリンク

CONTENTS(コンテンツ)

6巻のコンテンツは…

  • episode9…デートならぬ遠出
  • episode2.5…骨の在処はまだ
  • episode2.5-2…開かぬ箱
  • episode2.5-3…帳は幾重にも
  • おまけのたむたむたいむ

になります。

・Episode9 元旦の焼き肉店

あらすじ

親交を深めていた久能整ライカは初詣に一緒にいくことに。

初詣でくじ引きをして、たこ焼きを食べ、デートさながら。

そして、焼き肉店に入ることに…

店に入ったはいいものの、どうも女性店員の様子がおかしい…。

みどころ

初詣の後で入った焼き肉店での、謎解きが読んでいて楽しい。

また、整とライカのデートさながらのいい感じが、ほっこりした(´∀`*)ウフフ

ミステリと言う勿れ6巻 21ページ

・Episode2.5 横浜連続殺人事件

あらすじ

ミステリと言う勿れ6巻 54ページ

横浜で連続殺人事件が起きていた。

被害者は全員、交差点の真ん中で磔のような形で寝かされていた。

被害者に共通点が見つからず、捜査が難航する中、一人の男が事件に介入する!

かつてバスジャック事件を起こした主犯の一人である、犬堂我路(いぬどう がろ)

この連続殺人事件に彼がどうかかわってくるのか…

また事件の真相は…

登場人物

横浜港中央署の名物刑事 備前島操

同じく、横浜港中央署の女性刑事 猫田十朱

かつての連続殺人事件の犯人、平成の切り裂きジャックこと 羽喰玄斗

みどころ

連続殺人事件の犯人を追うのは、犬堂我路といとこ達。

5巻で解決した羽喰玄斗の事件のサイドストーリーです。

犬堂たち3人の、愛珠に対する強い想いが物語の軸になっており、

整を巻き込んで今後どう展開していくのか楽しみ!

重くて暗い連続殺人事件の話だが、いくつもの謎や仕掛けがちりばめられています。

キーワード

  • 山羊座リング
  • シルバー

まとめ

さすがは…というか、やはり、丁寧に作りこまれているストーリー!

1巻~2巻のバスジャック事件の話が、この巻につながっています。

後半は、整は登場していませんが、面白さに変わりなく、

ストーリーと展開に惹き込まれます!



コメント

タイトルとURLをコピーしました