電子書籍『ミステリと言う勿れ』12巻のあらすじと感想【ネタバレあり】

私の本棚

本ページはプロモーションが含まれている場合があります。


ミステリーな要素がふんだんにあり、謎解きの楽しみもしっかりとありつつ、それだけでない魅力がある『ミステリと言う勿れ』。 

今回は、12巻のご紹介になります!


スポンサーリンク

CONTENTS(コンテンツ)

12巻のコンテンツは…

  • Episode17…さざなみひとつ
  • Episode17‐2…殺人未満
  • Episode17‐3…すべては水面下
  • Episode17‐4…打ち寄せ返す玉響の
  • Episode17‐5…流されて
  • おまけのたむたむたいむ

になります。

・Episode17 富山連続殺人事件⁇

ミステリと言う勿れ12巻のあらすじ

ある日、とある事件で久能 整を取り調べたことのある刑事・風呂光のもとに不穏な知らせが届き…。

富山に住む祖母から、知り合いの不審死を調べて欲しいと連絡があり、風呂光は岐阜でスキーをしていた久能に助太刀を頼むことに。

ミステリと言う勿れ12巻の登場人物

コミック1巻の寒河江健(さがえ けん)殺人事件で、整を取調べたことのある刑事 風呂光 聖子

富山に住む風呂光の祖母で元小学校教師の 加納 悦子(かのう えつこ)

氷見東署の刑事であり、悦子の教え子 流 正宗(ながれ まさむね)

コミック10巻の青砥巡査部長・冤罪事件に登場した週刊リアルの記者 久我山 実知

「@旅めし」の取材で富山に訪れているライターの 望月 湊(もちづき みなと) と 蕪木 真夏(かぶらぎ まなつ)


ミステリと言う勿れ12巻のみどころ

心温まるショート・エピソードでまとめられていた11巻からは一転して、12巻では殺人事件⁇なのか、とある人の不審死をめぐり、真相を辿っていく展開のストーリーとなっています。

大隣署・風呂光巡査の知り合いである、水島 妙子が富山での夜のイベントへ出かけ、そこで不自然な死を遂げてしまった。

風呂光の祖母である加納悦子は、事故死とは思えず、誰かに殺されたと、風呂光へ相談。その謎解きの為に、久能整に助けを求めることになります。

冒頭では、不可解で意味深なメールが送られてきており、その差出人はant

「@旅めし」の取材で富山に訪れているライターの蕪木 真夏がつけたペンダントの琥珀にはが入っており、無関係なのかどうか、怪しさもあり、謎がふかまるばかり。

ミステリと言う勿れ12巻 101ページ


また、風呂光が刑事をこころざすきっかけとなった、幼少期のエピソードは、なかなか重い内容でした(-"-;A ...アセアセ


ミステリと言う勿れ12巻のまとめ

12巻では本格的に事件が始まり、見せられた感じ。巻の最後では新たな犠牲者が…。

伏線を張り巡らされて次巻へと持ち越され、期待が膨らみます。

あちこちと振り回されながらも整くんは、もう何かに気付いているようにも思えます~。

ミステリと言う勿れ12巻 178ページ

途中で、整くんとライカさんの、スマホデートのシーンがあり、それも含めて12巻おすすめです!



コメント

タイトルとURLをコピーしました