WordPressプラグイン Invisible reCaptcha for WordPressの設定でスパム防止と導入後の注意点

ブログ初心者

本ページはプロモーションが含まれている場合があります。


「Invisible reCaptcha」は、WordPressの各種フォームに認証機能を導入するプラグイン。

reCaptchaとは、Googleが提供する認証システムで、人間かBOTかを自動で判別し、スパムをほぼ遮断することができます。


この記事で、スパム対策に有効なInvisible reCaptchaの導入方法と設定方法、導入後の注意点を解説したいと思います。


ブログ作成にオススメ!「ConoHa WING」についての詳細はコチラ⇩⇩


スポンサーリンク

Invisible reCaptcha for WordPress の使い方

Invisible reCaptcha for WordPressが対応しているフォームは次の項目です。

  • ログインフォーム
  • 登録フォーム
  • コメント欄
  • Contact Form 7
  • WooCommerce
  • UltraCommunity
  • BuddyPress


Invisible reCaptchaを使うには、Googleで取得したAPIキーが必要となります。


APIキーとは、Invisible reCaptchaの機能を利用するための認証コードのことで、Googleアカウントを持っていれば誰でも無料で取得することができます。


Invisible reCaptchaの導入は次の3ステップの手順で進めていきます。

  • 手順①…reCAPTCHAのAPIキーの取得
  • 手順②…プラグインのインストール・有効化
  • 手順③…プラグインの基本設定


reCAPTCHAのAPIキーの取得

reCAPTCHA公式サイトにアクセス。APIキーを取得していきます。

Googleアカウントへログイン後、reCAPTCHA公式サイトの「管理コンソール」をクリック。


reCAPTCHA公式サイト


reCAPTCHAの登録画面で、サイトの情報を入力していきます。

reCAPTCHA公式サイト

各項目を入力していきます。

  • ラベル…ブログ名など
  • reCAPTCHAタイプ…reCAPTCHA v3 を選択
  • ドメイン…ドメインを入力(○○○.comなど)


入力が完了したら、reCAPTCHA 利用条件に同意する にチェックを入れ「送信」をクリック。

reCAPTCHAの「サイトキー」「シークレットキー」が表示されるので、控えておきましょう。プラグインの基本設定の際、利用します。

reCAPTCHA公式サイト


Invisible reCaptcha for WordPress のインストール・有効化

次に、Invisible reCaptcha for WordPress のインストールと有効化を進めていきます。

WordPress管理画面から、「プラグイン」→「新規追加」→キーワードに「Invisible reCaptcha for WordPress」と検索→「今すぐインストール」と順にクリック。


キーワードに「Invisible reCaptcha for WordPress」と検索


インストール後、「有効化」しておきます。


Invisible reCaptcha for WordPress の基本設定

Invisible reCaptcha for WordPressの設定する箇所は、主に次の3箇所になります。

  • Invisible reCaptcha 設定
  • WordPress 保護設定
  • 問い合わせフォーム保護設定


Invisible reCaptcha 設定


WordPress管理画面 Invisible reCaptcha 設定


WordPress管理画面から、設定→Invisible reCaptcha 設定へ。

サイト鍵、秘密鍵にGoogle reCAPTCHAで入手した「サイトキー」「シークレットキー」をそれぞれ入力。

バッジ位置は右下、左下、インラインの3種類から選択。

インライン選択で、フォーム下にreCAPTCHAアイコンが表示されるようになります。


WordPress 保護設定

WordPress保護設定では、次の4項目を設定できます。


WordPress保護設定


  • ログインフォームの保護を有効化
  • 登録フォームの保護を有効化
  • コメントフォームの保護を有効化
  • パスワード再発行フォームの保護を有効化


基本的に、4項目全てにチェックを入れて有効化しておけば、大丈夫です。

有効化後、各フォームに下記の様にreCaptchaが適用されます。



問い合わせフォーム保護設定

問い合わせフォーム保護設定では、お問い合わせフォームにInvisible reCaptchaを導入できるようになります。


問い合わせフォーム保護設定


Contact Form 7にチェックを入れ、reCaptchaが有効化されると、下記の様にスパムから保護されます。

Contact Form 7の保護を有効化


Contact Form 7について詳しく解説した記事はコチラ⇩⇩


reCAPTCHAアイコンが全ページに表示される際の対処法


下記画像の様に、全ページにreCAPTCHAアイコンが表示されてスクロールボタンと被り見にくくなっている場合、Contact Form 7のインテグレーションが原因となっている可能性があります。


スクロールボタンとreCAPTCHAアイコンが同じ個所に…


WordPress管理画面から、「お問い合わせ」→「インテグレーション」→「インテグレーションのセットアップ」の順にクリック。



「サイトキー」「シークレットキー」が反映されている場合は、「キーを削除」をクリック。



これで、「サイトキー」「シークレットキー」は未登録の状態になり、再度サイトを確認すると、設定箇所以外からreCAPTCHAアイコンの表示が無くなって見やすくなります。


Invisible reCaptcha for WordPressの導入後の注意点

Invisible reCaptcha for WordPressを導入したら、「プライバシーポリシー」にその旨を記載し、告知しなければなりません。

導入する際に、reCAPTCHA 利用条件に同意する にチェックを入れて登録しているからです。


reCAPTCHA公式サイト

プライバシーポリシーへは、どのように記載すればよいか、当サイトのを参考にしていただき、追加しておきましょう。

ブログ運営に必要な固定ページ(プライバシーポリシー)の設置方法を詳しく解説した記事はコチラ⇩⇩


Invisible reCaptcha for WordPressの設定でスパム防止と導入後の注意点:まとめ


この記事では、スパム対策に有効なInvisible reCaptcha for WordPressの導入方法と設定方法、導入後の注意点を解説しました。

このプラグインを利用すれば、複雑な設定を行うことなく、簡単に必要なページ、箇所にのみreCAPTCHAを設置できるので、導入しましょう!


【ブログ初心者】初期設定で入れるべきWordPressプラグイン5選の記事はコチラ⇩⇩


コメント

タイトルとURLをコピーしました