電子書籍『ミステリと言う勿れ』5巻のあらすじと感想【ネタバレあり】

私の本棚

本ページはプロモーションが含まれている場合があります。

ミステリーな要素がふんだんにあり、謎解きの楽しみもしっかりとありつつ、それだけでない魅力がある『ミステリと言う勿れ』。 

今回は、5巻のご紹介になります!

スポンサーリンク

CONTENTS(コンテンツ)

5巻のコンテンツは…

  • episode8…天使の言い分
  • episode8-2…遠火と近火
  • episode8-3…淡雪と消える
  • episode8-4…カエルの炎描
  • おまけのたむたむたいむ

になります。

・Episode8 天使の連続放火事件

あらすじ

病院で出会った謎の美少女。

その女性の言葉に導かれて動くうちに、整は不穏な都市伝説に遭遇する!

子供を救う“炎の天使”とは一体⁉

登場人物

病院で出会った「自省録」による数字暗号を使う女性 ライカ

10歳の時に自宅の火災で母親を亡くした 井原香音人(いはら かねと)

陸あるいはカエルとよばれる男性 下戸陸太(おりと ろくた)

みどころ

この巻のテーマに心が痛む。

クライマックスも、真実も、悲しい結末。

しかし、きっと読者の印象に残るストーリーとなるはずだ…

ミステリと言う勿れ5巻 185ページ

キーワード

  • 蟹座ピアス

語る! 久能整

その先生は

みんなと一緒に あなたをカエルと呼んだ時点で ダメです

僕のクラスに 陸さんがいたら

家で何かが起こってることに 必ず気付くと思います

僕のクラスに 香音人さんがいたとしたら

その異変に 絶対気づきます

そうなるつもりです

ミステリと言う勿れ5巻 174~176ページ

まとめ

自分も、子を持つ親として胸が痛むストーリーでした。

まるごと1冊 “炎の天使” 映画を見ているかのよう。

陸の言動の端々の違和感に注視して読んでみて下さい。

そして、星座のマーク入りアクセサリーが、今後新たなカギとなりそうです!



コメント

タイトルとURLをコピーしました