『ソラ色らせん』~春に読みたいおすすめの本~

私の本棚

本ページはプロモーションが含まれている場合があります。


勇気をもらえたり、ワクワクドキドキしたり、哀しみを癒してくれたり、、

いろいろな場面で心に寄り添ってくれる本



今回は

桜が咲くこの季節になると読みたくなる物語をご紹介しまーす(^^♪

スポンサーリンク

あらすじ

あの日の夕焼け、舞い散る桜の花びら、空、ソラ

あたしの泣きぼくろは、もう涙を忘れた




中学2年生の時に引っ越してきたソラと、

ひょんなことから屋上で逢瀬を重ねるようになったマリ。

出会って瞬く間に恋に落ちたふたり。


この先ずっと、ふたりというひとかたまりでいられると

いいことがたくさん待っていると

信じていたけれど


あたしの15歳の誕生日に起こった悲劇



あの日以来、意識不明のまま眠り続けるソラ。

片時も離れず病院に通い詰めるマリ。



あれから8年

やっと目を覚ましたソラ。

けれど

駆け付けたマリへの一言


「あんた、誰?」



14歳の少年のまま時が止まっているソラと、23歳の女性になったマリ

ふたりは 時間と心の隙間を埋めることができるのでしょうか。

特に好きな文章

物語全体がゆっくり流れて

感情の機微言葉ひとつひとつ、を大切に書かれているな、と感じます


そんな素敵な文章の中から、ははイチオシの箇所をチラ見せ~😍

約束を果たすという義務ではなくて、思ったことを忘れないでほしかった。何かをもらいたいのでも、何かをしてほしいのでも、本当はなくて、ただ物や行為があるほうがわかりやすいからというだけで、本当は、無意識にあふれる思いだけでよかった。

そういう無意識を、忘れないでほしかった。

「ソラ色らせん」(森 美樹) 講談社F文庫

「誰に見られてもよかったの」

「あの人にだけは見られたくなかったの」

「…あの人にだけ、見てほしかったの」

「ソラ色らせん」(森 美樹) 講談社F文庫

しあわせを感じないほどの、しあわせの只中。

忘れないようにしよう。さざなみの穏やかさを。ここにたどりつくまでの日々を。一日一日を。積み重ねを。

「ソラ色らせん」(森 美樹) 講談社F文庫

感想

とにかく切ない。

この一言に尽きます



私は高校生の時にこの本に出会ったので、単に恋愛小説として読んでいたし

このふたりに憧れました。


結婚し、大人になったいま読むと、マリちゃんのソラ君への気持ちがまぶしい。

むしろ今のほうが、マリちゃんの感情がよくわかるというか…



繰り返される文章、単語が、ジーンと胸に響いて

読むほどに甘く苦しくなる物語です



ドラマ化してほしいなー、なんて淡く期待している作品のひとつ。。。


たぶん、30代前半の人は世代がビンゴなので

(中学時代にケータイを持ち始める子がでてきたあたり)

最初のデートの時のソワソワ感とか分かってもらえるはず!( *´艸`)

はは
はは

情景とか場面とかをイメージしやすい描写だから

普段本を読まない人でも入りやすいと思いますよ~✨


興味を持たれたかた、

甘いだけじゃないキュンを求めているかた、

何か本を読みたいなーと思っているかた、

みなさまどうぞ手に取って読んでみてくださいね(*´▽`*)


コメント

タイトルとURLをコピーしました