歯磨きの新習慣!電動歯ブラシと口腔洗浄器

おすすめ商品

本ページはプロモーションが含まれている場合があります。


毎日のオーラルケアは大切ですね!

歯周病対策には、しっかりと歯みがきをすることが基本中の基本。

でも、オススメは電動歯ブラシを使うことです。


これ、手軽で効果抜群なんですよ。

電動歯ブラシは手磨きよりも早くて効率的に歯垢を落とせるし、奥歯や歯と歯の間の掃除もバッチリ。

しかも、ゴシゴシ力を入れずに毛先をスライドさせるから手が疲れにくいのがいいところ。

口臭の元となる磨き残しも減らせます。


忙しい日常でも手軽に使えるし、何より短時間でしっかり磨けるのが電動歯ブラシの一番のメリット

これで毎日のケアを頑張って、数ヵ月ごとに歯医者さんでプロのチェックをもらえば、健康な歯を維持できますね!


でも、電動歯ブラシの選び方はポイントがあるんです。

メーカーやモデルによって特長が違うから、検討中の人は自分のニーズに合ったものを選ぶといいですね。

ちち
ちち

個人的には、便利で手間いらずな電動歯ブラシはオススメです!


電動歯ブラシの駆動方式

電動歯ブラシは、歯みがきのヘッドが動く方法によって「回転式」「振動式」「音波式・超音波式」に分かれます。

それぞれにはメリットとデメリットがありますので、自分の好みに合わせて選びましょう。


回転式

回転式は円形のヘッドを左右に回転させて汚れを取り除きます。

奥歯も磨きやすく、1本ずつ丁寧に磨けますが、振動や音が強い場合があります

初めての使用なら過圧防止機能のあるものがおすすめです。


振動式

振動式はモーターでヘッドを振動させ、微細な動きで歯垢をかき取ります。

歯周ポケットや歯と歯茎の隙間に効果的で、コンパクトで旅行にも便利です。


音波式

音波式は200~300Hzの音波振動で歯垢を浮かせ、小さな泡が汚れを除去します。

歯に刺激が少なく、口内環境が良くない方にも適しています。


超音波式

超音波式は160万~200万Hzの超音波振動で歯垢にアプローチします。

毛先はほとんど動かないので手磨きと同じように使用します。


電動歯ブラシの電源方式

電動歯ブラシの電源方式には「充電式」「乾電池式」があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

使い道に合わせて選んでみましょう。


充電式

充電式はバッテリーの残量を気にせず、いつでも最大出力で使えるのがメリット。

ただし、大型で重いモデルが多いため慣れが必要です。


乾電池式

乾電池式は小型でコンパクト。

置き場所を選ばず、出張や旅行に便利ですが、充電式よりパワーが足りないこともあります。


駆動方式や電源方式は好みによって異なります。

ビギナーはまず「使ってみる」ことから始めて、自分に合ったものを見つけましょう。


電動歯ブラシの選び方のポイント

電動歯ブラシを使ってみよう!

ということで、選ぶさいに注目すべきポイントをみていきましょう。


電動歯ブラシのヘッドの大きさ

電動歯ブラシのヘッドは様々な形や大きさがあります。

口の大きさや歯並びにフィットするものを選ぶことが大切。

大きなヘッドは範囲が広いけど、小さなヘッドは細かい部分に届きやすい。

おおよそ「上顎の前歯2本の幅に収まる大きさ」が目安です。


電動歯ブラシ本体の重さと太さ

電動歯ブラシは歯ブラシよりも太くて重いです。

慣れるまで腕が疲れることもあるから、手の大きさと本体の持ち方がポイント。

手が大きいなら太めのグリップが合い、小さな手ならスリムなものがおすすめ。

持ち方にも「パームグリップ」「ペングリップ」があるから、自分に合ったサイズと持ち方で、快適な歯みがきを。


電動歯ブラシお子さま向け

お子さま向けの電動歯ブラシもたくさんあります。

小さなヘッドやわらかいブラシ、お子さま向けの歯磨きモードなど、安心して使える設計。

家族全員で共用できるモデルもあるから、家庭における歯みがきの楽しさが広がります。

お子さまも一緒に使って、歯みがきを楽しく続けよう!


お子さん用におすすめ!電動歯ブラシ習慣⇩⇩


電動歯ブラシのオプションブラシ

電動歯ブラシには様々なオプションブラシがあります。

ステイン除去ブラシや歯茎マッサージブラシなど、これらのオプションブラシを使うことで、歯の状態に合わせたケアが可能。

購入時にはオプションブラシのバリエーションも確認しておくと、より効果的な歯みがきができるかもしれません。


電動歯ブラシのランニングコスト

電動歯ブラシのブラシ部分は定期的に交換が必要です。

ブラシの寿命や価格はメーカーやモデルによって異なります。

3ヵ月に1回ブラシを交換することを考慮して、ランニングコストを計算してみましょう。

予算内で長く使えるモデルを選ぶことが賢明。


電動歯ブラシのその他の機能

防水機能

電動歯ブラシは水回りで使うものなので、基本的に防水性能があります。

しかし、本体が水に濡れても安心な「IPX7」や「IPX8」の指標があれば、毎日の使用後に丸洗いできます。

特に、本体とブラシの接合部分は清潔に保ちたいので、防水性能の確認は重要です。


スマートフォン連携

最新の電動歯ブラシにはスマートフォンと連携できるモデルも登場しています。

内蔵されたセンサーが歯みがきの進捗を検知し、スマートフォンに表示。

歯の状態を可視化して管理できるので、より効果的なオーラルケアが可能になります。


モード切り替え機能

モード切り替え機能があれば、歯のホワイトニングやマッサージなど、目的に合わせた最適なブラッシングが可能です。

様々なオーラルケアが一台でできるので、ニーズに合ったモデルを選ぶと良いでしょう。

電動歯ブラシは単なる磨く道具ではなく、様々な機能が付いていると便利です。

振動や回転の強さの調整機能や自動停止タイマーなど、モデルによって異なる便利機能が存在。

自分がどんなシーンで電動歯ブラシを使うかを考えながら、必要な機能を絞り込んで選ぶと良いでしょう。


歯みがきが楽しくて効果的になる機能を探して、オーラルケアをワンランクアップしましょう!


電動歯ブラシ・メーカー別の特徴

電動歯ブラシの世界では様々なメーカーが競演しています。

各社の特徴を押さえて、自分にピッタリの電動歯ブラシを見つけましょう。


パナソニックの電動歯ブラシ

日本を代表する総合電機メーカー、パナソニックはビューティー・ヘルス分野でも力を発揮しています。

「ドルツ」シリーズは、ヨコ磨きとタタキ磨きの2つを組み合わせた「W 音波振動」で歯みがきをサポート。

特に、子ども向けや携帯に便利な「ポケットドルツ」など幅広い選択肢があり、オプションブラシも充実しています。


ちち
ちち

パナソニックのブラシは音波振動が特徴的で、使い心地が滑らか。オプションブラシの豊富さも嬉しいポイントです。

ブラウン の電動歯ブラシ(Oral-B)

ドイツ生まれのメーカー、ブラウンの「オーラルB」シリーズは、独自の円形ブラシが特徴。

ブラシ1本1本が振動し、歯の表面を効果的に清掃します。

また、「スマート押し付け防止センサー」が初めての利用者にも安心感を提供します。


ちち
ちち

ブラウンのブラシは小回りが利きやすく、円形ブラシで奥歯も磨きやすいです。センサー機能は使い勝手が良いですね。

フィリップスの電動歯ブラシ

理美容製品で知られるフィリップスは、「ソニッケアー」シリーズが人気。

最大20倍の洗浄力と、ブラッシングの強さを調節できる点が特徴。

優しい力から始める「イージースタート機能」もフィリップスならではの工夫です。

ちち
ちち

フィリップスのソニッケアーは振動が力強く、自分に合った強さを選べるのが良いです。イージースタート機能は優しいスタートをサポートしてくれます。

オムロンの電動歯ブラシ

ケア製品で信頼のあるオムロンの電動歯ブラシは、立体的なブラシ運動や使いやすいスリムデザインが特徴。

ノウハウが詰まった製品が多く、オムロンならではの品質です。


inflyの電動歯ブラシ

健康・美容ブランドinflyの電動歯ブラシは、高速振動や静音性が魅力。

目的に合わせたモードも搭載されており、2020年の新鋭ブランドとして注目されています。


ミニマムの電動歯ブラシ

電動歯ブラシに特化したミニマムの「ハピカ」シリーズは、お子さま向けとして高い評価。

日本学校保健会の推薦品にも選ばれています。


シースターの電動歯ブラシ

医療・健康機器メーカーのシースターは、「Rainbow」シリーズが特徴。

7色のレインボーライトが楽しい点と、やわらかめのブラシでエナメル質を傷つけずに歯みがきできるのがポイントです。


各メーカーが独自の工夫を凝らした電動歯ブラシを提供しています。

特に、パナソニックの「ドルツ」や、ブラウンの円形ブラシ、「オーラルB(Oral-B)」のセンサー機能に惹かれるユーザーも多いです。

なかでも、パナソニックの「ドルツ」は、その密集極細毛ブラシと毎分約31,000ブラシストロークの「リニア音波振動」の相乗効果で、歯ぐきを傷めずに歯周病の原因菌をかき出してくれると評判です。

ブラシが歯周ポケットまでしっかり届く感覚は、他の歯ブラシにはない心地よさ。

また、ホルダーがフロートスタンドでいつも清潔に保てるのも嬉しいポイントです。

このように、選択肢が豊富で各メーカーが独自の技術やデザインを提供しているため、自分の好みやニーズに合った電動歯ブラシを見つけるのが楽しくなります。

どのメーカーも技術の進化に伴い、新しい機能を追加しており、スマートフォン連携やモード切り替え機能など、使いやすさにこだわったものも増えています。

電動歯ブラシの導入は、歯みがきのクオリティを向上させるだけでなく、歯周病の予防や口臭対策にも一役買います。

お子さま向けのモデルや、デザイン性にこだわったものも豊富。

最終的な選択の際は、自分の好みや歯の状態に合わせて検討し、ブラシの形状やモード、メンテナンスのしやすさなどを比較検討してみましょう。

電動歯ブラシの進化は日々進んでいますので、最新モデルも要チェックです。

歯みがきをより効果的で楽しいものにするために、ぜひ自分にぴったりの電動歯ブラシを見つけてみてください!


電動歯ブラシを使いこなすためのポイント

自分に最適な電動歯ブラシを見つけることができたら、次のステップ!

効果的に使いこなすためのポイントを解説していきます。


歯は一本ずつ、丁寧に磨こう!

電動歯ブラシを使う際は、歯と歯の間や歯周ポケット部分に焦点を当てて、一本ずつ丁寧に磨くことが大切です。

ブラシの回転や振動を利用して、しっかりと歯垢を除去しましょう。

手磨きと同様に、電動歯ブラシでも歯一本一本を大切に磨くことが鍵です。


ながら磨きを避け、集中して磨こう!


特に音波や超音波式の電動歯ブラシでは、歯間や歯周ポケットなど汚れが残りやすい部分に焦点を当てることが重要です。

磨き残しを防ぐためには、「ながら磨き」を避け、歯磨き中は集中してブラシが目的の場所にしっかり当たっているか確認しましょう。


歯ブラシを清潔に保とう!


口に入れる電動歯ブラシは清潔に保つことが重要です。

使用後は流水で丁寧に洗い、キャップなどを使わずに乾燥させましょう。

防水仕様の場合は本体を丸洗いできますが、湿気の多い場所に放置せず、風通しの良い場所で保管することが良いでしょう。


充電に時間をかけよう!


充電式の電動歯ブラシは、モデルによっては充電に時間がかかることがあります。

通常のモデルでも十分な使用時間が得られますが、充電台に戻す習慣をつけて、適切な充電を心がけましょう。

充電にかかる時間はモデルによって異なるため、それに合わせた使い方が大切です。

電動歯ブラシは、手軽にオーラルケアができる頼もしいツールです。

歯を一本一本大切に、歯周ポケットなどにも重点的にケアすることで、手磨きとは比べ物にならない清潔な口内環境を手に入れられます。

手軽に使えるこの便利なアイテムで、毎日の歯みがきを充実させてみてください!


口腔ケアを徹底する新習慣!電動歯ブラシと口腔洗浄器の魅力

普通の歯みがきだけでは取り切れない歯と歯の間や歯周ポケットのプラークに悩んでいるなら、口腔ケアの新しい味方、電動歯ブラシと口腔洗浄器を検討してみてください。

電動歯ブラシ後はプラークにおさらば!


通常の歯みがきでは残りがちなプラーク。

電動歯ブラシを使うことで、従来の方法では届きにくかった歯間や歯周ポケットの奥深くまでしっかりブラッシングできます。

それによって、歯みがき後もプラークの心配が軽減されます。


パワフルな水流でプラークを流し去ろう!


口腔洗浄器の登場で、水流洗浄が手軽に行えます。

ブラシでは届かない部分や歯周ポケット内のプラークも、強力な水流で洗い流すことができます。

使った後のさわやかな感覚は、通常の歯みがきでは味わえないものです。


効果を実感するなら、水流洗浄がポイント!


普段の歯みがきだけでは気づかないプラークの残りや、口腔内の清潔感を実感したいなら、口腔洗浄器がおすすめです。

特に食べカスやプラークが流れ出す様子は、その効果を直感的に理解でき、口内の爽快感を楽しむことができます。


歯磨き粉の効果も最大限に引き出そう!


電動ハブラシと口腔洗浄器を併用する場合は、効果的な使い方がポイントです。

歯磨き粉を使用する場合、まず歯磨き粉なしで電動ハブラシを使用し、その後、口腔洗浄器でしっかりと洗い流すことで、歯磨き粉の効果を最大限に引き出すことができます。


電動歯ブラシと口腔洗浄器は理想のコンビネーション!


電動歯ブラシと口腔洗浄器を併用することで、歯みがきの手間を省きつつ、口内全体をしっかりケアできます。

歯の表面から歯周ポケットまで、総合的な口腔ケアを実現しましょう。


まとめ:新感覚の口腔ケアで爽快な毎日を!

歯の健康を考えるなら、電動歯ブラシと口腔洗浄器の組み合わせが鍵!

通常の歯みがきだけでは取り切れない歯と歯の間や歯周ポケットのプラークに対処する新習慣として、電動歯ブラシと口腔洗浄器の利用が注目されています。

電動歯ブラシは歯間やポケットにも届き、口腔洗浄器はパワフルな水流でプラークを流し去ります。

このコンビネーションがおすすめ。

使い方のポイントを押さえ、口内全体をしっかりケアして、新感覚の口腔ケアで爽快な毎日を手に入れましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました