更年期症状緩和に効く!アロマテラピーで始める自然療法

ハーブ

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

更年期って、女性ホルモンが減ってくるせいで体調を崩しやすくなるタイミングよね。

そんな時に、アロマテラピーが役立つって話があるの。

簡単に言うと、アロマの香りで心も体もリラックスさせて、更年期のイヤ~な感じをちょっと和らげることができるのね。

スポンサーリンク

更年期ってなあに?

ざっくり言うと、女性ホルモンのエストロゲンが減少して体のバランスが乱れちゃう時期のこと。

アロマテラピーって?

好きな香りを使って、心も体もリラックスさせる方法のこと。

特に、エストロゲンみたいな効果がある特定のアロマオイルを使うと、更年期の症状を楽にしてくれる可能性があるってわけ。

実際にどうするの?

エストロゲンに似た効果が期待できるアロマオイルを選んで、バスタイムに使ってみたり、お部屋に香りを拡散させたりしてみるのがいいかも。

そうすることで、ホルモンバランスが整って、更年期の不快感が軽減されることが期待できるよ。

更年期のアロマテラピーにおすすめの精油

更年期におすすめのアロマオイルをチェックしてみよう!

ローズ

まるで恋に落ちた時みたいに、ローズの香りを嗅ぐだけで、なんと唾液の中の女性ホルモンが増えるって研究があるの。

これって、肌がキレイになったり、不安が減ったり、人に優しくなれるかもってこと。

更年期のモヤモヤをふわっと軽くしてくれるかもね。

ローズマリー

更年期って、ストレスや疲れがどんどん溜まると、気分が落ち込んだり、体調が悪化したりしがち。

ここで登場するのがローズマリー。

頭スッキリ、心リフレッシュさせる助っ人として、精神的な疲れをほぐしてくれるの。

活用ガイド

ステップ1

まずは、ローズのアロマオイルから。

お風呂に数滴垂らすもよし、アロマディフューザーで部屋中に香りを広げるもよし。

気分もリラックスして、いいことずくめ。

ステップ2

次に、ローズマリー。

仕事や家庭での疲れがピークの時、この香りでリフレッシュ。

デスク周りにほのかに香らせてみると、集中力もアップするかも。

簡単に言うと、ローズで心も体もほぐして、ローズマリーで元気をチャージ。

これで更年期の悩みもちょっとは楽になるかもしれないね!

さあ、更年期のお悩み別アロマオイルの次のラインナップをチェックしてみよう!

グレープフルーツ

頭がぼーっとして、なんかスッキリしない日には、グレープフルーツの香りがピッタリ。

この香りは、バリバリ働く時のサポート役として、脳を活動モードに切り替えてくれるの。

考えがグルグルしてまとまらない時にも、「スッ」と気持ちを整理してくれるよ。

ラベンダー

そして、心と体をリラックスさせたい時の強い味方がラベンダー。

この香りは、まったりモードに必要な副交感神経を優位にし、心も体もほぐしてくれるの。

特に、「眠れない夜はもう嫌だ…」って時には、ラベンダーの香りで質のいい眠りを誘ってくれるかも。

活用ガイド

ステップ1

グレープフルーツのアロマを使って、集中力アップ。

作業スペースに香らせるか、直接香りを嗅いでみる。

これで、モヤモヤとした気分もスッキリ晴れるよ。

ステップ2

ラベンダーのアロマでリラックスタイム。

お風呂に数滴垂らしたり、就寝前に枕元で香らせたり。

心も体もふわっと柔らかくなって、ぐっすり眠れる準備ができるね。

要するに、グレープフルーツで頭をクリアにして、ラベンダーで心と体を落ち着かせる。

この2つのアロマで、更年期の不快感とサヨナラできるかも!

更年期のちょっとしたサポートになるアロマオイル、続けていくよ!

クラリセージ

更年期って、体の不調で呼吸まで浅くなっちゃうことがあるのよね。

そんな時にクラリセージが役立つかも。

この香りは、深い呼吸を促して、体の中の代謝や血の流れをスムーズにしてくれる効果があるってわけ。

リラックスしながら、体の中からスッキリさせてくれるんだ。

サイプレス

そして、肩のこりこりやホットフラッシュで悩んでいるなら、サイプレスがおすすめ。

このアロマオイルは、そういった更年期特有の症状を和らげる助っ人。

さらに、気持ちの面でもリラックスさせてくれるから、メンタルケアにもぴったりなんだ。

活用ガイド

ステップ1

クラリセージでリフレッシュ。

お風呂に数滴垂らして深い呼吸を意識するか、リビングでゆったりと香らせてみる。

これで体内のスッキリ感を実感できるよ。

ステップ2

サイプレスでリラクゼーション。

特に肩こりがひどい時やホットフラッシュに悩んでいる時に、アロマディフューザーで部屋に香りを広げたり、マッサージオイルとして利用するといいかも。

つまり、クラリセージで体の中からキレイにして、サイプレスで体と心をほぐす。

これで更年期の辛い症状も、少しは楽になるはず!

アロマテラピーの楽しみ方は?

アロマテラピーでリラックスするための楽しみ方をいろいろご紹介するね!

芳香浴法

まずは、アロマの香りを部屋中に広げて楽しむ方法から。

ティッシュやハンカチにアロマオイルを1~2滴垂らして、枕元に置いたり、専用のアロマディフューザーを使ってもOK。

この方法なら、日常のどこでも簡単にアロマの香りを楽しめるよ。

沐浴法

次に、お風呂にアロマオイルを数滴足して、お湯に浸かる方法

全身浴だったら1~5滴、足湯なら1~3滴が目安。

無水エタノールにアロマオイルを混ぜてからお湯に入れるのがポイント。

お風呂の温かさとアロマの香りのダブル効果で、よりリラックスできるよ。

フェイシャルスチーム

顔にアロマの蒸気を当てることで、肌に潤いを与える方法もあるんだ。

お湯にアロマオイルを1~3滴足して、バスタオルをかぶって顔を蒸すの。

血行が良くなって、顔のくすみや乾燥知らずに。

湿布法

そして、体の痛みや不調に直接アロマを使う方法

お湯か水にアロマオイルを1~3滴落として、タオルでその水を吸わせて患部に当てるの。

温湿布は肩こりや生理痛に、冷湿布は急な痛みや腫れに効果的。

ただし、アロマオイルが肌に直接触れないように注意してね。

それぞれの方法で、気分や体調に合わせてアロマテラピーを楽しんでみて。

いつもの日々にほんの少しの香りを加えるだけで、ずいぶん心地よく過ごせるようになるから試してみてね!

アロマテラピーのQ&A

アロマテラピーって気になるけど、ちょっとわかりにくい部分もあるよね。

特に、「ポプリオイル」と「精油」の違いや、精油の購入方法について、よくある疑問を解説してみるよ!

ポプリオイルと精油の違いって?

精油

アロマテラピーで使われるのは、植物から100%抽出された天然のオイルのこと。心身のケアに使うんだ。

ポプリオイル

これは精油に合成香料を加えて薄めたもの。

お部屋を香らせるのに使うけど、アロマテラピーとしての効果は期待薄。

商品に「アロマオイル」と書いてあっても、実は精油じゃないこともあるから、買う時は成分をチェックしてね。

精油はどこで買えるの?

精油は、ハーブショップやアロマテラピー専門店、デパートのアロマコーナーなどで手に入るよ。

初めて買うなら、専門スタッフがいるお店がおすすめ。

ちゃんとしたアドバイスがもらえて、自分に合った精油を見つけやすいからね。

ポイントは、アロマテラピー用の精油を選ぶことと、購入場所を選ぶこと。

はは
はは

これで、アロマテラピーの世界をもっと楽しめるようになるよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました