ケノン脱毛器でVIOをツルツルに!効果、口コミ、やり方を徹底解説

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

こんにちは!

今回は、家庭用脱毛器「ケノン」を使ったVIO脱毛の効果や口コミ、具体的なやり方について詳しくご紹介します。

これからVIO脱毛を始めようと思っている方や、ケノンの購入を検討している方、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ケノン脱毛器の効果と口コミ

ケノン脱毛器の効果の時系列

  • 1ヶ月 (~2回): 生えにくさや毛の細りを実感。見た目には大きな変化なし。
  • 3ヵ月 (~6回): 明らかに毛が減少し、生えにくさや毛の細りを実感。
  • 6ヵ月 (~12回): ほとんど生えなくなります。
  • 12ヶ月 (~24回): 月1回のメンテナンスでもほぼ生えない状態に。
  • 24ヶ月 (~48回): ほぼ放置しても生えません。

ケノン脱毛器のポイント

  • 頻度: 2週間に1回
  • 照射レベル: LV10(2回目から)
  • アイシング: 照射前に10秒、照射後に5秒しっかり冷却
  • エリア: V・I・O
  • 目標: ハイジニーナ(全剃り)

ケノン脱毛器の使い方

VIO脱毛の手順

  1. 除毛: 前日までに処理エリアの毛を剃ります。デザインする場合も一旦全剃りが基本です。
  2. アイシング: 照射直前に保冷剤で10秒ほど冷却します。
  3. 照射: 冷却した肌が温まらないうちに素早く照射します。
  4. アイシング: 照射直後にも数秒冷却します。
  5. 保湿: 保湿ローションや乳液で充分に保湿します。

アイシングの重要性

VIOは色素沈着しやすく、太くて濃い毛が多いため、痛みを感じやすいエリアです。

やけどや腫れを防ぐために、徹底的なアイシングが必要です。

アイシングとは?

アイシングは、保冷剤などを使って照射エリアを冷やすテクニックです。

これにより、脱毛時の痛みを軽減し、肌へのダメージを防ぐことができます。

VIOへの照射方法

VIOに照射する際は、ショーツの布部分で大事な部分を保護しながら行うのがポイントです。

特におすすめなのは、白のTバックか使い捨てのペーパーTバックを使うことです。

これらを使用することで、照射しやすくなり、より効果的な脱毛が可能になります。

VIOが痛みを感じやすいワケ
  • 部位全体に色素沈着が起こりやすく、他の部位よりも皮膚自体に痛みを感じやすい。
  • 毛根が濃く・太いため熱ダメージを吸収しやすい= 照射による痛みが強くなりやすい。
  • 使うショーツはTバックじゃなくてもいいけど、出来るだけ白いショーツを準備しよう。(ペーパーTバック:数回は使える耐久性がいいですね)
  • 粘膜などの照射してはいけない部位と近い。 照射エリアが見えにくい。

Vラインの処理

股上の浅い服やショーツ・水着を楽しむため、予め処理しておくと便利です。

デザインを楽しむ場合、全剃りが基本。

可愛いカタチを残したい場合は、市販のテンプレートを使って形を整えます。

むやみに毛を残したまま脱毛処理すると、残した毛が焦げたり熱を持ちすぎたりして危険。

Iラインのケア

Iラインの脱毛は、毛によるかゆみ・ムレ・臭いなど衛生面でのメリットが大きく、生理中には特に効果が実感できます。

ショーツの布部分で照射したくないエリアを隠しながら照射します。

白いショーツを使い、照射しやすくします。

ポイント
  • 下着を着けて、照射したくないエリアをカバーしながら照射していく。 Iラインの際は、少し足を外側に開くとケアしやすい。
  • 皮膚・下着は、脱毛器を持っていない方の手でしっかりと伸ばしながら照射する。
  • デリケート部はショーツを食い込ませてカバー。陰唇は指で軽く外側に引っ張るように伸ばしながら照射する。
  • ショーツの色は光が反応しにくくなる “白”がベスト。逆に黒っぽい色は熱を吸収する可能性があるのでNG。

Oラインのケア

自分では見えない部位なので、鏡を使って処理するのが必須です。

Tバックならそのままで良いですが、普通のショーツを使うときはしっかりと食い込ませて照射します。

ポイント
  • 下着を履いて、照射したくないエリアをカバーしながら照射する。Tバックがおすすめ。
  • 鏡は、床に置いてまたぐようにOゾーンをチェックするのが最も楽でよく見える。

照射レベルの設定

VIOは効果が出にくい部位なので、可能な限り高いレベルで照射するのが望ましいです。

推奨レベルは10最低でも8以上です。

ただし、VIOは皮膚が薄く血管や神経が多いため、傷つきやすく痛みも強いエリアです。

痛みに耐えられないほどの強いパワーで照射すると、やけどの原因になるので注意が必要です。

VIOに高出力照射をするポイント

  • 必須: 照射前に充分なアイシング(10秒以上)を行う。
  • 可能なら: 照射後にもアイシング(数秒)を行う。
  • 必須: いきなり高レベルで照射せず、アイシング+LV5くらいから徐々に上げていく。

VIOが効果が出にくい理由

  • 毛根が深く、光が届きにくい。
  • 毛に生命力があり、再生しやすい。
  • 色素沈着があり、照射パワーが分散されやすい。
  • 痛みが起きやすく、高パワーを控えがち。

痛みに対する注意点

  • 無理せず、我慢できる程度の痛みなら耐える。
  • 強い痛みは絶対に我慢しない。

ケノン脱毛器のカートリッジ

おすすめのカートリッジ

ストロングカートリッジVIOに最適です。

ストロングカートリッジはケノンで最も照射口が小さく、狭いエリアでも照射しやすい上、照射パワーが強く高い脱毛効果を期待できます。

カートリッジの種類と価格(税込)

  • スーパープレミアムカートリッジ: 7㎠(2.0cm×3.5cm) 12,800円
  • エクストララージカートリッジ: 9.25㎠(2.5cm×3.7cm) 4,980円
  • ラージカートリッジ: 7㎠(2.0cm×3.5cm) 8,800円
  • ストロングカートリッジ: 4.5㎠(3cm×1.5cm) 10,900円
  • スキンケアカートリッジ: 4.5㎠(3cm×1.5cm) 7,900円

ストロングカートリッジは初期同梱のアイテムではなく、別売のオプションカートリッジ。

後から単体で購入することも可能ですが、本体との同時購入割引があるため、最初から組み合わせて購入するのがおすすめです。

また、オプションカートリッジを購入する場合は、日替わりでカートリッジをもう一つプレゼントしてくれる公式ショップ(アローエイト)からの購入がお得です。

公式ショップ(アローエイト)からの購入がオトクな理由

  1. メーカー保証+1年: レビュー投稿で最大2年のメーカー保証に延長!
  2. カートリッジ1個プレゼント: 公式ショップ限定で、カートリッジを1つ追加プレゼント!(もらえるカートリッジは日替わり)

ケノン脱毛器の仕様と使用頻度

仕様

  • 定価: 69,800円
  • サイズ: 本体290×215×90 mm
  • 脱毛方式: IPL フラッシュ
  • 重量: 本体1.6kg、ハンドピース120g
  • 照射面積: 4.5㎠、7㎠、9.25㎠
  • 照射スピード: 0.4秒
  • カートリッジ寿命: 50万回

使用頻度

VIO脱毛の頻度は2週間に1回。

同じ箇所の脱毛は2週間に1回の頻度が効果的です。

ケノン脱毛器の注意事項とQ&A

注意事項

  • VIOは効果が出にくい部位です。アイシングを徹底し、デリケート部に光が照射されないように注意しましょう。
  • 照射レベルが低いと効果が出にくいので、徐々にレベルを上げ、最低でもLV8以上で照射するようにしましょう。

よくあるQ&A

  • 除毛方法: 部位によってシェーバーと除毛クリームを使い分けるのがおすすめです。
  • 照射レベルが低いと効果が出にくい: 徐々にレベルを上げ、最低でもLV8以上で照射するようにしましょう。

ケノンとVIOの黒ずみ

黒ずみがあるときの注意点

黒ずみがあると、脱毛器の光が肌に反応してしまい、脱毛効果が下がります。

黒ずみがある場合は、時間をかけて処理するか、痛みをコントロールして出力を上げる必要があります。

コンシーラーやファンデーションの利用について

黒ずみをカバーするためにコンシーラーやファンデーションを使用すると、脱毛効果が下がるのでおすすめしません。

まとめ

ケノン脱毛器を使ったVIO脱毛の効果や口コミ、具体的なやり方についてご紹介しました。

VIO脱毛は他の部位よりも時間がかかる場合がありますが、ケノンを使ってしっかりケアすれば、ツルツルの肌を手に入れることができます。

ぜひ、ケノン脱毛器を試してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました